髪の健康 専門家に診断してもらう必要性

髪の健康 専門家に診断してもらう必要性

マイクロスコープ

 

髪の健康については、毛穴が詰まったりすることで薄毛になったり、白髪が増えてしまったりと色々な問題を抱えることになります。ただ、それについての対処法は結構簡単に知ることができるので、原因不明で悩むということは少ないように感じます。

 

頭皮マッサージが大切…とか、刺激の少ないシャンプーがいい…とか、やっぱり育毛剤使ったほうがいいよね…とか、ある程度の対処法はイメージできるもので、それに必要なアイテムも近くのドラッグストアなどで簡単に手に入る時代なのです。

 

しかし、それをやったからと言って問題が解決するとは限らず、『対処をしたのに治らない』という風に、悩みが深くなることも考えられます。そこから出て来るのは諦めの気持ちで、「もう歳だから仕方ないわ」「遺伝なんだろうね」という形で、頭皮ケアそのものを諦めがちになってしまうということです。

 

こんなときの対処法…というか、そうならないようにするために「専門家に診てもらう」という選択肢も知っておくべきではないかと思います。もちろん、身近な対処からやるに越したことはないのですが、最後の手段を知っているかどうかで、諦める気持ちを抑えることができます。

 

実際に、専門家に診てもらうということは、気休めではなく大きなメリットがあります。最近は、色々な所に気軽に通えるヘアサロンのような店舗も増えてきているので、検討する価値はあると思います。

 

サロンで診てもらうことのメリット

自分の頭皮の状態をサロンで診てもらうことのメリットは、自分の頭皮の状態を正確に把握できることです。サロンと言っても色々な店舗があると思いますが、マイクロスコープを設置しているという条件は外せません。

 

毛穴や頭皮の状態を詳しくみることができれば、自分の頭皮の問題点を目視できるということです。実際に、マイクロスコープで、自分の頭皮を見てもると、毛穴の汚れや皮脂の量に驚くケースは多いそうです。例えば、診断する日の朝にシャンプーをしてきていても、汚れが溜まっていたり、皮脂や角質が毛穴を塞いでいると言ったケースです。

 

健康な頭皮というのは、毛の周辺に適度なゆるみがあって、毛穴が均等にあいているのが分かるのですが、トラブルが多くなると、この毛穴のヘコミが皮脂や角質などの汚れで詰まってしまいます。自宅でケアをしているときには、マイクロスコープでみる機会がないので、このような状況を確認することができずに、問題がないと判断しがちです。専門のサロンでみることによって、自分の問題点を把握できるというのは大きなメリットだと言えます。

 

サロンでは、マイクロスコープで頭皮の状態を確認した後、専門的なケアもしてもらえます。もちろん、それにも効果は期待できますが、何よりも、頭皮の問題を確認できたという事実が、その後のこまめなヘアケアを実践する気持ちに繋がる…こんなケースが多いようです。それは、頭皮環境改善へのきっかけとも言えますし、1回の診察でも行ってみて意味があることだと言えます。

 

きちんとシャンプーしていれば問題ない?

毛穴の汚れというものは、きちんとシャンプーしていれば問題ないと思いがちです。確かに、シャンプーを入念にしていれば、大抵の汚れは洗い流せそうですし、現代人の生活で、そこまで泥まみれになることなんてないので、毛穴が詰まるということもなさそうだと思ってしまいます。実際に、鏡で頭皮を確認しても、頭皮の問題を把握するケースは少ないと思います。

 

しかし、毛穴の汚れとは気づきにくいもの…。かゆみや抜け毛が増えるなどのサインがあったとしても、髪の毛は10万本あるわけですから、専門家でもない限り、気づきにくいというのが現状なのです。そして、髪の毛があることも、汚れが溜まりやすい理由の一つ。専門家に診てもらうことで、頭皮ケアに関する何かしらのアドバイスをもらうことができれば、その後の自宅で行う頭皮ケア方法を見直すことができます。些細な違いであっても、ケアは毎日するものなので、その差をあわせると結構なモノになります。

 

逆に言うと、ちょっとした見落としや誤ったケア方法を毎日続けていると、それが積もって目に見える問題になってしまうかも…ということです。このような理由から、定期的に通うまではいかなくても、頭皮の状態を一度診てもらうくらいのことはしても良い…と言えるのではないかと思います。

 

こんなケースは要注意というチェックポイント

専門家に診てもらったら、思いもよらぬ問題が見つかるかも…。それはその通りなのですが、逆に問題が見つからないという可能性もあります。どんな場合に、問題が潜みやすいのか…。簡単なチェック項目をまとめてみます。

 

抜け毛が気になりシャンプーを控えめにしている

抜け毛が気になってくると、シャンプーが原因ではないかと思うのは珍しいことではありません。そして、実際に抜け毛を目の当たりにする機会の1つがシャンプーの時です。そんな理由から、シャンプーの回数自体を減らしたり、簡略化してみたりすることもあるのではないでしょうか。

 

ただ、これは必ずしも正しいこととは言えません。抜け毛の原因は、毛穴の詰まりによって起こることが多く、シャンプーはその毛穴の詰まりを解消する手段でもあるからです。ポイントは、頭皮の汚れを落とすためのシャンプーをしているかどうか…。ササっと簡単に済ませるシャンプーでは、その役目はこなせそうにありませんし、地肌をマッサージすることも必要だと言われています。

 

フケや汚れが気になりシャンプーの回数が多い

シャンプーをしないことも良くありませんが、その回数が多すぎるということも問題のようです。理由としては、フケや汚れが気になるから。少なくとも、シャンプーをすると汚れは落ちるわけですから、1日に何回もシャンプーすることは清潔感のある事柄のように思ってしまいます。

 

しかし、実際にはシャンプーの回数を増やすことで、症状を悪化させるケースが多い模様。これは単純で、シャンプーの回数が多すぎるため、シャンプー自体が頭皮へのダメージとなってしまうケースです。頭皮には「皮脂」というベタベタしたものが存在しています。これをシャンプーによって落とすわけですが、この皮脂は全て落とせば良いというものではありません。髪に潤いを与えたり、外的から身を守るといった働きをしているものもあります。

 

1日に何回もシャンプーをしてしまうと、これらの働きをする皮脂まで根こそぎ落としてしまうことになります。結果として、頭皮が乾燥し、乾燥が原因のフケ(パサパサしたもの)が増えるケースは珍しくないようです。

 

また、皮脂を落としすぎると、その分の皮脂を補おうとして、皮脂の分泌量が増えるもの。乾燥とは逆のベタベタ状態になる人もいます。頭皮には、髪にプラスになるものもあることを知り、過度な回数のシャンプーは控えた方が無難です。

 

朝シャンプーすることが習慣になっている

朝シャンという言葉が流行った時期がありますが、未だに朝シャンプーをする人は少なくないのではないでしょうか。その理由は、睡眠中に頭皮が汚れて、朝シャンプーしないとニオイが気になるからです。ただし、これも必ずしも良いこととは言えません。

 

正確に言うと、シャンプー自体が悪いというわけではなく、正しいシャンプーができなくなる可能性が高いということです。朝という時間は、仕事や学校に行く準備をするため、どうしても急いでしまいます。その為に、シャンプー自体が雑になってしまい、頭皮を乱暴にこすってしまったり、すすぎが十分ではないといった問題を生みやすい環境だということです。

 

また、シャンプー後のドライヤーは雑菌の繁殖を防ぐために必須といわれていますが、それすらも行えなくなる可能性があります。生乾きのまま出勤…途中で乾くだろうと思っている内に、頭皮の雑菌が繁殖してしまうというケースも珍しくないということです。

 

朝シャンをするときのもう一つの注意点ですが、「どうせ朝シャンプーするから」という理由で、夜シャンプーしないケースも出て来ると思います。この場合も注意が必要です。髪の毛の成長は、新陳代謝や成長ホルモンの分泌が影響して、夜の方が活発だと言われています。そんな夜の時間帯に、シャンプーをせずに、頭皮に汚れが付着したままでいると、髪の毛の成長を妨げることにもなりかねません。そういう事情もあって、朝だけシャンプーはやめたほうが良い…そして、夜に加えて朝シャンプーする場合は、丁寧にすることは必須と考えた方が良さそうです。

 

以上、髪の問題に繋がりそうなシャンプー習慣についてまとめてみました。気になる点があるのなら見直すことも考えた方が良いですし、その習慣を続けている場合、既に問題として頭皮にあらわれていることも考えられます。頭皮の状態が気になる場合、一度専門的に診てもらうことも考えてみるのも一つの選択肢です。

 

関連ページ

髪の毛のチェック方法 ボリューム編
髪の毛を健康にするためのチェック項目まとめ〜頭皮の状態や髪の毛のボリュームなど
頭皮の固さからわかること
頭皮の固さをチェックすることによってわかること。頭皮チェックの重要性について
頭皮のこと チェックポイント【赤みや発疹】
頭皮チェックを行う上で赤みや発疹が出ていないかどうかも重要です。
フケが気になる場合の原因やチェック方法について
肩に落ちて目立ってしまうフケが出てくる原因やその対処法についてまとめています。
頭皮ケアはいつ頃から見直すべきなのか…
薄毛にしても白髪にしても、ケアの方法を意識し始める時期があります。それは、症状を感じ始めた時期なのですが、それでは遅いこともあるわけで…。予防という観点で考えると、もっと早めのケアを
髪の毛に元気がなくなることを感じる日々 原因・対策
髪の毛のトラブルは、薄毛や抜け毛など、目に見える大きな問題だけとは限りません。また、髪の毛は私達が思っている以上に多くの役割をこなしています。十万本単位の数で生えているのが髪の毛…なので、小さな変化があっても気づきにくいのですが、
薄毛と女性ホルモンの関係
女性と男性の薄毛を比較した場合、症状の出方いは違いがあります。昔から「薄毛」というと、頭のてっぺんやおでこなど、薄くなる部分は限定されていることがほとんどでした。そして
ヘアサイクルを正しくするという考え方
頭皮の健康を考えるということは、ヘアサイクルを正しくして抜け毛などのトラブルを改善したり予防することにつながります。毛髪は体内バランスの良しあしを反映することで成長します。成長速度は1日に0.3ミリほど、
頭皮マッサージの効果とその仕組み
マッサージと言えば、体の疲れを取る強力な味方。自宅で簡単に行うことができますし、今ではマッサージを気軽にやってくれる店舗も増えてきました。ただ、このマッサージは
髪の毛は皮膚の一部という考え方
髪の毛というと、「どんな色に染めようか」とか「どのくらいの長さが似合うかな…」とか、オシャレの一部としての要素が大きいです。ただ、最近では、健康のバロメーターとして考えることができるという主張が増え
頭皮の健康状態を知る方法 頭皮を触ってみることが大切
頭皮チェックの重要性と具体的な方法