髪の毛のチェック方法 ボリューム編

髪の毛のチェック方法|ボリュームなど

髪の毛をチェック

 

頭皮に何らかの異常があれば、それは髪の毛にあらわれてきます。
そんなわけで、頭皮や髪の毛が健康な状態を維持しているかのチェック方法。今回は、ボリュームなどについてのまとめです。

 

適度なボリュームがあるかどうか

髪の毛を鏡で見た時、シルエットというのは気になるポイントだと思います。以前に比べて、なんとなくでもペッタンコになっていると感じたらちょっと注意する必要があるかも…ということです。

 

髪にボリュームがなくなるということは、それだけ密度が薄くなっているということなので…。健康な頭皮の場合、1つの毛穴から3本・4本の毛が生えているのが一般的です。

 

これは、髪の毛のボリューム感を出すのと同時に、互いに支え合って根元に自然なボリュームを与えます。しかし、頭皮に活力がない場合には、1つの毛穴から生えてくる本数が少なくなってしまいます。そうなると、自然とボリュームが減って根元が潰れたようになるので、全体的に髪の毛がペタンと凹んでいるように感じてしまうわけです。

 

毛穴から出ている髪の毛の本数をチェックする必要はありませんが、毛穴から出ている髪の毛の数については知っておいて損はありません。ボリューム不足の時に意識してみるのも良いと思います。

 

頭頂部の状態をチェック

頭頂部の状態も気になる所です。何しろ、周囲から一番目立ってしまう箇所。また、女性ホルモンの影響を受けやすい箇所とも言われています。薄毛の症状をもちやすいのは男性というイメージが強いかもしれませんが、女性も油断はできません。特に、女性の場合には、年齢を重ねることによってホルモンバランスが減少し、それに伴う形で薄毛になったりすることがあります。

 

頭頂部は、その薄毛の症状が出てきやすい場所ですから、髪の毛の状態が気になる時に、頭頂部の状態をチェックしてみるのも一つです。

 

また、頭頂部については、髪の毛を分ける時に「分け目」が出てきて、そこが目立つということも往々にしてあります。いつも同じスタイリングをしているのであれば、分け目に沿ったラインの髪の密度をチェックすることで分かることも有ります。スカスカで目立ちすぎている場合は、髪の毛が減少傾向にあり、スカルプケアが必要と判断できます。

 

枝毛や切れ毛のチェック

全体的な髪の毛の状態をチェックすることも大切ですが、髪の毛1本1本をチェックすることも頭皮の状態を把握するのに役立ちます。その代表的な症状が、枝毛や切れ毛です。髪の先端が避けてしまう枝毛、途中で切れてしまう切れ毛がある場合、他の箇所も傷んでいる可能性があります。

 

主な原因としては、パーマやカラーリングによるものや、日々の生活で髪の毛をかわかす時に使うドライヤーなどが挙げられます。これについては、頭皮の問題というよりも、外的な要因が多い印象。普段の生活での髪の扱い方が影響してくるものと言えます。

 

 

白髪の増加

白髪は、毛球部にある色素細胞の機能が低下することによって起こると言われています。つまり、頭皮との関係はあまり関係無いような気がするのですが、実は、コレも結構影響する項目といえます。新陳代謝が衰えることによって、メラニン色素が生成されなくなる…その結果として髪の毛が白くなって白髪としてあらわれてくるというわけです。

 

年齢を重ねることによって自然に出てくるものという印象もありますが、若い世代でも白髪に悩んでいる人は増えていると言われています。精神的なストレスも影響すると言われているので、全てが頭皮の問題とはいいがたいですが、白髪が増えてきた時、頭皮の状態は大丈夫なのかとチェックするきっかけにする必要はあるかもしれません。

 

 

髪のハリやコシ

髪に弾力を感じることができるかどうか…。これも髪の状態をチェックする上で欠かせない項目です。ただ、これについては、見た目にダイレクトな影響を当てるために気にしている人は多いのではないかと思います。細くてコシがない髪の毛は、見た目に分かりますし、何だか弱々しい印象を与えてしまいます。コシがある髪の毛ならば、手で触れるとわかるように丈夫なことがわかるわけで…。

 

注意したいのは、髪質が急激に変化したときで、髪にハリやコシがないと感じてきたら、毛根部の栄養が不足していると考えると良いと思います。髪を修復するトリートメントを使うのも一つの方法ではありますが、土台となる頭皮を健康にすることも重要です。

 

抜け毛のチェック

抜け毛=薄毛を連想するので大問題と感じるかもしれませんが、頭皮の状態が良好であっても髪の毛は抜けるものなので、抜け毛自体を気にする必要はありません。ヘアサイクルってそんなものです。ただ、注意すべきはその量です。実際には、正常な抜け毛の本数なのに、「抜け毛増えたわ〜」と思ってしまい、それがストレスに繋がってしまう人は結構多いそうです。

 

本数が多いかどうか…、それは人によって異なるものではありますが、判断の基準としては100本を目安に考えるという意見が多いです。すごく多いような印象を持つかもしれませんが、髪の毛全部の本数は10万本が平均的な数字ですから、それほど大したものではありません。急激に抜け毛の数が増えたり、細い抜け毛が増えたと感じたり、実感レベルで髪が薄くなったと感じたりしない限りは、必要以上に焦る必要もないのかもしれません。

 

以上、簡単ではありますが、髪の毛・頭皮のチェック項目をまとめてみました。頭皮ケアにズボラになることはいけませんが、神経質になってもちょっと…という部分はあります。その辺のバランスが必要ではありますが、大体のチェック方法を把握しておくと必要以上に焦ることもなくなるのではないでしょうか。

関連ページ

髪の健康 専門家に診断してもらう必要性
髪の健康については、毛穴が詰まったりすることで薄毛になったり、白髪が増えてしまったりと色々な問題を抱えることになります。ただ、それについての対処法は結構簡単に知ることができるので、原因不明で悩むということは
頭皮の固さからわかること
頭皮の固さをチェックすることによってわかること。頭皮チェックの重要性について
頭皮のこと チェックポイント【赤みや発疹】
頭皮チェックを行う上で赤みや発疹が出ていないかどうかも重要です。
フケが気になる場合の原因やチェック方法について
肩に落ちて目立ってしまうフケが出てくる原因やその対処法についてまとめています。
頭皮ケアはいつ頃から見直すべきなのか…
薄毛にしても白髪にしても、ケアの方法を意識し始める時期があります。それは、症状を感じ始めた時期なのですが、それでは遅いこともあるわけで…。予防という観点で考えると、もっと早めのケアを
髪の毛に元気がなくなることを感じる日々 原因・対策
髪の毛のトラブルは、薄毛や抜け毛など、目に見える大きな問題だけとは限りません。また、髪の毛は私達が思っている以上に多くの役割をこなしています。十万本単位の数で生えているのが髪の毛…なので、小さな変化があっても気づきにくいのですが、
薄毛と女性ホルモンの関係
女性と男性の薄毛を比較した場合、症状の出方いは違いがあります。昔から「薄毛」というと、頭のてっぺんやおでこなど、薄くなる部分は限定されていることがほとんどでした。そして
ヘアサイクルを正しくするという考え方
頭皮の健康を考えるということは、ヘアサイクルを正しくして抜け毛などのトラブルを改善したり予防することにつながります。毛髪は体内バランスの良しあしを反映することで成長します。成長速度は1日に0.3ミリほど、
頭皮マッサージの効果とその仕組み
マッサージと言えば、体の疲れを取る強力な味方。自宅で簡単に行うことができますし、今ではマッサージを気軽にやってくれる店舗も増えてきました。ただ、このマッサージは
髪の毛は皮膚の一部という考え方
髪の毛というと、「どんな色に染めようか」とか「どのくらいの長さが似合うかな…」とか、オシャレの一部としての要素が大きいです。ただ、最近では、健康のバロメーターとして考えることができるという主張が増え
頭皮の健康状態を知る方法 頭皮を触ってみることが大切
頭皮チェックの重要性と具体的な方法