頭皮ケアの見直し

頭皮ケアはいつ頃から見直すべき?

 

薄毛にしても白髪にしても、ケアの方法を意識し始める時期があります。それは、症状を感じ始めた時期なのですが、それでは遅いこともあるわけで…。予防という観点で考えると、もっと早めのケアをしておくことに越したことはありません。

 

一般的には、加齢によって頭皮トラブルや弱体化が起こってくるので、30歳を超えると意識することが多いのかもしれません。ただ、最近の症状の低年齢化を考えると、自分の状況をしっかりと把握して、自分の判断で始めることも大切です。

 

「女性の平均」という意味で見てみると、平均は40歳の手前で意識し始める人が多いのだとか。美容面でもお手入れの切り替え時と言えるので、頭皮も一緒にという考え方が多いのかもしれません。もちろん、それより早く始めていれば、髪のダメージを回避して、先手の対処ができます。具体的には、シャンプーの時に以前よりも優しく洗うということや、育毛剤などのヘアケア用品の導入、頭皮マッサージなどです。そして、これは頭皮だけに限らず、顔のケアにも繋がるものなのでやって損はありません。

 

頭皮ケアは顔にも良い影響を

頭皮は髪の毛に覆われているので、普段はあまり意識することはありませんが、顔の延長と考えることもできます。つまり、顔と頭は互いに影響しあっていると言っても過言ではありません。頭皮が老化してしまうと、顔にもシワやたるみなどが出てしまう可能性があるということです。

 

生え際のラインを持ち上げてみたり、うなじの部分を指圧でマッサージするなど、ちょっとしたことでも頻繁に繰り返すことで効果を発揮したりします。頭皮マッサージは、皮膚組織の中にある血管、リンパ管、皮脂腺を刺激します。つまり、髪の毛はもちろんのこと、全身の血行促進に効果が期待できるということになるわけです。

 

頭皮マッサージは、頭だけではなく全身に影響を及ぼすものだということを考えると、そのケアを始めるのは早いに越したことはありません。例え頭皮に異常を感じていなくても、美容という点においてプラスになるわけですから、アンチエイジングの一環だと思って早めに始めることが好ましいと言えます。

 

頭皮ケアのメリットとデメリット

頭皮ケアは年齢に関係なくやるに越したことはありません。血行を促進し、ヘアサイクルを正常なものにする…、そして全身の循環を促進させるのにも役立ちます。簡単にできるものも多いので時間も取りません。メリットなんてないと思うのは当然です。ただ、頭皮ケアのやり方が間違っていれば、毎日実践するものだけに、逆にトラブルを招く恐れもあります。正しいケアができているのか確認しづらい。これが頭皮ケアのデメリットと言えるのかもしれません。

 

シャンプーのやり方

頭皮ケアの中で、シャンプーは極めて重要です。頭皮は皮脂腺が多く、皮脂、汗、老廃物の影響で汚れやすい箇所でもあります。なので、しっかり洗うと言いたいところなのですが、洗いすぎは禁物。特に汚れを落とそうとゴシゴシし過ぎると、逆に皮脂を増やしてしまいます。毛穴を詰まらせないためにも、優しく洗うことが重要です。

 

すすぎ・ドライヤーの重要性

シャンプーやトリートメントは髪の毛をキレイにするもの。しかし、洗い残しが合った場合には、頭皮トラブルを起こす原因になってしまいます。しっかりとそそぐことが大切です。また、髪を乾かす方法については意見が割れるところですが、ドライヤーで乾かすのがベスト。ただし、乾かしすぎると乾燥を引き起こしてしまうので、少し湿っているくらいでやめるのが良いと言われています。

 

日々の生活習慣の見直し

頭皮とは直接関係のないことのように感じるかもしれませんが、日々の生活の改善も大切です。バランスの良い食生活で栄養を補給することに寄って、髪の毛にも栄養が届くようにすること。また、マイナス要因となるタバコや夜更かしなども控えるようにした方が良いです。