頭皮チェック

頭皮の固さからわかること

頭皮を大切に

 

スカルプケアを実践する上で、頭皮の固さも重要な指標になります。シャンプーやトリートメントを使うことで、清潔な気分になるだけではなく、具体的に頭皮を触ることが大切というわけですね。

 

頭皮が固い場合には、血行が悪く、毛根に栄養が届きにくい状態になっていることが多いです。チェックするときは、頭皮マッサージをイメージして、両手で頭皮を触ってみます。頭皮が固い場合には、頭蓋骨に指が張り付くようなイメージで、逆に柔らかい場合には、指が浮き沈みする感じです。

 

頭皮の固い・柔らかい…の基準

頭皮が固い・柔らかいと言っても、具体的にどの程度のことを意味するのかイメージしにくいですよね。頭皮は硬すぎず・柔らかすぎずがベスト…と言われていますが、比較するものがなければ判断のしようがありません。ただ、この目安となるものって調べるとちゃんとあるんです。

 

●四つ折りにしたハンカチをテーブルに
ハンカチを四つ折りにしてテーブルの上に置きます。これを頭皮に見立てて、その上から指で押し当ててみます。テーブルを頭蓋骨、ハンカチを頭皮に見立てて、丁度良い固さを知ることが可能なんだとか…。

 

●膝頭とほお骨
自分の膝頭と頬骨も、頭皮の固さを知る上で参考になります。同じくらいであれば、頭皮の固さはOK。特に準備するものがないので、誰でも簡単に頭皮の固さをチェックすることが可能です。

 

頭皮チェックはナゼ重要!?

頭皮の固さなんて、普段の生活で気にすることはまずありません。ただ、頭皮の状態というのは、髪の毛に大きく影響するもの。その理由は、頭皮は髪の毛を育てる土壌であり、農作物に例えると土の役割を果たします。つまり、体から送られてくる栄養を上手く吸収して髪の毛に反映させることができるかどうかは、頭皮の環境が鍵を握っていると言っても過言ではありません。

 

薄毛や白髪…弱々しい髪の毛…
髪の毛の悩みって結構ありますよね。それらを解消するためにも、頭皮チェックを日々の生活に取り入れてみるのは、将来的な髪のこと・正常なヘアサイクルを考える意味でも大切ではないかと思います。