薄毛と女性ホルモン

薄毛と女性ホルモンは密接な関係

 

女性と男性の薄毛を比較した場合、症状の出方いは違いがあります。
昔から「薄毛」というと、頭のてっぺんやおでこなど、薄くなる部分は限定されていることがほとんどでした。そして、その症状の多くは男性に見られるものです。薄毛=男性というイメージも、この症状から来ているものと思われます。

 

しかし、最近になって、女性の薄毛の問題を見てみると、前途の症状とは全く違ったものだということが分かります。つまりは、全体的にボリュームがなくなり、症状が一箇所に集中しているわけではないということです。これに大きく関係しているのが女性ホルモンです。薄毛というと、毛穴の詰まりや汚れなど外部的な要因を想像してしまいますが、実は体の内部からの影響も大きいというわけです。

 

女性ホルモンには、皮脂の分泌を抑える働きがあります。皮脂というのは毛根部にある皮脂腺から分泌されますが、丁度良いバランスが必要なものです。多すぎても少なすぎてもダメなもの。つまり、何らかの方法で一方的に除去したり、放置したりすると問題になる可能性があります。一番身近なものでいうとシャンプー。髪の毛をキレイにする最も重要な事柄のように思われていますが、実は日に何度もシャンプーしたり、洗い過ぎたりすると逆効果になります。

 

それは、皮脂を取り除くことによって、さらなる皮脂の分泌を招くからです。皮脂には頭皮を守る役割があります。だからこそ、皮脂を洗いすぎると、さらなる皮脂が分泌されるような体の仕組みになっているわけです。過剰な皮脂の分泌はイメージしやすいと思いますが、ベタベタしたり、臭ったりと良いことはありません。清潔にしているつもりが、逆の結果を招いているということです。

 

女性ホルモンと頭皮|問題が起こるケース

前途のように、皮脂量を適量に保つことは、髪のトラブルを防ぐために重要ですが、それに深く関わっているのが女性ホルモンです。女性ホルモンには皮脂の過剰な分泌を抑える働きがあるのです。

 

また、頭頂部の発毛・育毛についても深く関わっています。いわば、自然の栄養剤とも言えます。女性ホルモンのおかげで、薄毛になる可能性は防ぐことができていると言っても過言ではありません。問題は、その女性ホルモンが上手く機能しなくなる場合です。女性ホルモンは、歳をとるとだんだんと減っていきます。更年期の問題はよく耳にするところではありますが、これによって頭皮の環境も変わるということです。

 

皮脂量が増えることはもちろんのこと、抜け毛が増えたり、髪のボリュームがなくなったように感じたり…。今までと同じように生活していたのに、急に髪に問題が発生したかのように感じる事態になります。普通に生活している上では、原因不明と感じてしまうかもしれませんが、実は体の中では色々な変化が起こっているというわけです。その可能性を察して、早めに対処をすることが問題解決に繋がります。

 

男性の薄毛

一方、男性の場合にはどのようなことが起こるのかというと、男性ホルモンの影響を受けやすい傾向にあります。(女性にも男性ホルモンはありますし、男性にも女性ホルモンはあります)

 

男性ホルモンは、皮脂の分泌を盛んにするという特徴を持っています。女性と違い、皮脂の過剰な分泌により抜け毛や薄毛になりやすい環境を元からもっているとも言えます。特に、テストステロンという男性ホルモンは、毛根部で毛乳頭を萎縮させる物質に変わるため、脱毛が起こりやすくなってしまうのです。こんな状態で、皮脂の分泌を高めるようなことをやってしまえば、頭皮環境が悪くなるのも当然なのかもしれません。